財布を落としたとき、見つかったときにすること、あと予防法

皆さんは財布を落としたことってありますか?

私は先日生まれて初めて財布を落としまい、非常に焦りました。

幸い無事に見つかったのですが、いい教訓になったので今回の経験をまとめておきます。

というわけで今回の記事は、財布を落としたとき、見つかった時の対応を書いていきますね。

あとは落とすことを予防するグッズもいろいろあるようなのでそれもまとめてみました。

財布を落としたら

まずは落ち着いて

落としたことに気付いた直後は漏れなく焦ってます。

落ち着きましょう。深呼吸して、もう一度周りを探してみましょう。

落としたと考えれる場所に連絡、最寄りの交番に電話

落ち着いて探しても見つからない場合は、思い当たる場所に連絡しましょう。

あとは最寄りの交番に電話して、落とし物として届けられていないかの確認。(私はここで見つかりました)

ちなみに交番に届いた落とし物は、通常翌日に近くの警察署に移送されます。

最寄りの交番連絡しても見つからない場合は翌日以降に警察署に連絡してみましょう。

全国の交番に届けられた落とし物情報が共有されているので見つかるかもしれません。近くの交番に届けれられているとは限らないので。

見つからない場合は、カード類の停止

どうしても見つからない場合、やるべきはカード類の停止です。

注意点としては、クレジットカードは同番号での再発行ができないということ。

なのでいろんな料金をクレジットカードで支払いしている人は、すべてに対してカード情報を更新する必要があります。

ただ、躊躇して悪用されたら大変なのでやっておきましょう。

背に腹は代えられません。

見つかった財布を取りに行くとき

運よく財布が警察に届いていた場合、警察署に取りに行くことになります。

その時のポイントなどをまとめておきます。

身分証があれば持っていく。なくてもOK

免許などの身分証を持っていれば、持っていきましょう。

全部財布に入れてて何もない・・・って人はそれでもOK

簡単な本人確認(落とした場所、財布の中身、名前の漢字説明とか)があるのでそれに答えられれば、ちゃんと返してくれます。

財布の中身は改められる

当然といえば当然ですが、財布の中身は確認されてます。

変なものを入れてると恥ずかしいですよ

カードや紙幣の順番は変わってる可能性があります。まあ些細なことですが。

記念硬貨やレア硬貨を持っていた場合は注意!

私の場合、返された財布に入っていた紙幣はすべて新札、硬貨も今年作られたものに変わっていました。

私は特に問題なかったのですが、価値ある硬貨を持っていた場合は申告して返してもらいましょう。

届け出にそういうことを書く欄があります。

財布を落とした時に知っておきたいこと

拾われてたら警察から手紙が来る

もし交番に届けられていて、本人の住所がわかるものがあれば警察から手紙がくるので、気づかず放置ってことにならないようにしましょう。

忘れたころに来ることだってあるので。

落とした財布が見つかる確率

ネット情報ですが、実に6割超の確率で落とした財布は戻ってくるようです。

なので、諦めないでいい知らせを待ちましょう。

ちなみに、中のお金も戻ってくる確率は3割程度らしい。まあそれはね・・・

落とした時のための予防グッズ

落とした時の焦りは二度と味わいたくない!ということで予防することができないか調べてみました。

思ったよりいろいろありますね。

私はまだどれを使うか吟味中ですが、まとめておきます。

まだ発展途上の分野のようで、評価もあまり高くないのが多いですね。

FIND

スマホと連動し、専用アプリのマップ機能でどこに置き忘れたのか地図で表示できる。

設定次第である程度距離が離れたらアラームを鳴らすことができたりと便利。

課題は電池(6か月は持つ)を変えるのを忘れそうなところ。

Sticker

こちらも無くした場所を地図で検索で検索でアラームもついてる。

FINDよりも少し大きい。

Toloyo キーファインダー(落とし物防止用ではないけど)

これは範囲は狭いけど、家の中でスマホや鍵、財布が見当たらないときに探せるアイテム。

使う頻度高そうだから買ってもよさそう

まとめ

いかかだったでしょうか?

財布を落とした時、見つかった時、また予防法について書いてみました。

予防グッズについては、まだまだ課題が多そうなので革新的なものがでたらうれしいですね。

しばらく調べてみようと思います。

以上っす

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする