【FIFA17】UTモードのスカッドを安く作れるおすすめリーグやお買い得選手について!あと注意点とか

FIFA17が発売されてから約1週間経ちましたね。

私はThe Journeyは1回クリアしたので、そろそろUTモードを本格的に始めていってます。

ちょっとやってみた感じで、おすすめリーグや選手について書いていこうと思います。

おすすめリーグ

リーガNOS(ポルトガル)

1番のおすすめは、ポルトガルのリーガNOS。

能力値の高い選手が安く手に入る優良なリーグです。

レアゴールドの選手が37名いて、各ポジションに複数いるので選ぶ楽しさもありますね。

5大リーグでは数万クラスの能力値の選手も5000コイン以下で手に入るので超お勧めですよ。

ロシアリーグ(ロシア)

次にすすめるのはロシアリーグ。

日本代表の本田も過去に在籍したリーグで、強い選手が安く手に入ります。

ただ、キーパーのレアゴールドいないことと各ポジションに大体1~2人しかレアゴールドがいないことはマイナスですね。

それでもコスパを考えるとおすすめできるリーグです。

おすすめのポイント

以下を2つを満たすリーグをおすすめしました。

  • 欧州5大リーグ以外
  • 各ポジションにレアゴールド選手がいる

この条件を満たしていると、比較的安くていい選手が手に入るからですね。

上記の2リーグなら、それぞれのトップクラスの選手を集めても20000コインくらいで2つのスカッドを作れます。

MLS(アメリカ)も2つの条件を満たしますが、全体的に高いためおすすめできませんでした。

お買い得選手

JONAS OLIVEIRA(ST/リーガNOS/SLベンフィカ)

まずはST(ストライカー)をとりたいって人が多いと思います。

そんな方にはJONASがおすすめ。

レーティング84の選手が5000コイン前後で手に入るのでかなりお得です。(私は3600コインで手に入れました。)

特性やスペシャリティもいいのがついていて、イチオシです。

RUI PATRÍCIO(GK/リーガNOS/スポルティングCP)

続いてGKです。

全GKの中でTOP20に入る選手にも関わらず、1000コイン前後で手に入るコスパ最強のGK。

FIFAにおいて、キーパーは非常に大きな存在なので取って間違いのない選手です。

注意点とか

Jリーガーはまだコスパが悪い

日本人ユーザーとしてはJリーガーを取りたいところですが、今は非常にコスパが悪いです。

中村俊輔なんかはシルバーなのに2000以上とかなり高騰中。

人気選手が高くなるのはしょうがないですが、今は高すぎな感が否めません。

しばらくしたら下がってくると思うので、それまでは待ちですね。

選手が怪我したとき、安易に治療アイテム買わない

今作は結構怪我が多い気がしています。

怪我をしたら治療のアイテムを買うことになると思いますが、その前にちょっと確認してください。

その選手いくらで買えますか?

治療アイテムは1000~と始めた当初としてはかなり高価ですよね。

最初に手に入る選手はそれほど高くないので、治療アイテム買うくらいなら選手自体を買い替えた方が安く済む場合が多いです。

怪我をした選手は売ってしまえばいいので、新しく選手を買う値段との差額を治療アイテムの値段と比較して安い方を選びましょう。

怪我の治療に関する記事も書いたので、参考になれば。

【FIFA17】コイン節約術。治療アイテムを買わずに怪我を早く直すお得な方法
FIFAやっていて選手がけがすると腹立ちますよねー 怪我した選手をサブに入れて数試合消化すれば治りますが、その選手が主力だった...

トレードだけならウェブアプリ

これは個人的な意見ですが。。

トレードだけをしたいならゲームを起動するより、PCでウェブアプリからやった方が何かと早いです。

ゲームをトレード場合、起動時間もそうですしちょくちょくロードも入るので面倒。

文字入力は当然PCの方がやりやすいですよね。

ということでトレードだけやるならPCの方をおすすめします。

まとめ

いかがだったでしょうか?

FIFA17 UTモードのおすすめリーグとお買い得選手について書きました。

まだ始めたばかりなので他にもいい情報があれば発信していきたいと思います。

2016/10/22追記
UT初心者が知っておきたいことをいくつかまとめました。
よければどうぞ

【FIFA17】UT初心者が最低限押さえておきたいこと
Jリーグ参入ということで今作からFIFAやってます!という方も多いのではないでしょうか。 ただFIFAは結構初心者に不親切というか、説...

以上っす

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする