【FIFA17】UTでコスパ抜群のおすすめ選手紹介!

発売されてからだいぶ経って、色つきのレアカードがたくさん出ております。

色つきカードは基本高いんですが、たまになんでこの選手こんな安いんだ?ってやつがあるのでそういうのを探すのが楽しいですよね。

というわけで今回はコスパ重視の選手紹介です!

1万~3万くらいの選手で高額選手と遜色ない力を発揮してくれる選手を上げていきます。

FW編

スモロフ(Smolov)

image

ロシアリーグの選手。かなりおすすめです!

スピードが速いうえに、パワーも弱くない。決定力も高め。

ケミストリースタイルにホークつけたらFWとしてほぼ穴がないと思います。

今書いてる時点で、1万2千くらいで買えますが。

主要リーグにいたら間違いなく跳ね上がるでしょう。10万弱してもおかしくないと思います。

SBC(スカッドビルドチャレンジ)でも出てますが、そちらに手を出すのはおすすめしません。。。

ジューバ(Dzyuba)

image

またもやロシアリーグから。

こちらの選手は、パワー系ですね。

身長196cm、パワー97、ヘディング99。

ロマンのある選手です。

スモロフと合わせて、スピード&パワーのツートップは強力です。

ジュリアーノと同じクラブなのでそちらと合わせるのもおすすめ。

1万5千前後ですね。

ドスト(Dost)

image

今度は、リーガNOS(ポルトガルリーグ)の選手。

こちらもパワー系の選手

身長196cm、パワー97、ヘディング99。

奇しくもジューバと全く同じですね笑

ジューバよりもシュート系の能力が高いです。

スペシャリティに「完成されたFW」を持ってるのもポイント高し。

(効果はよくわかってないけどカッコいい)

1万3千コイン也。

MF編

ウィリアム・カルバーリョ(William Carvalho)

image

この選手が一番おススメかもしれない。

我がチームの不動のボランチです。

ケミストリースタイルを何を付けるかで個性が出ますね。

上で出したドストと同じチームです。

2万切るくらいで買えた時期もあったんですが、最近ちょっと相場が上がってきて3万5千くらいします。

今は我慢したほうがいいかも?

スナイデル(Sneijder)

image

今度は、トルコリーグより。

総合力の高さ。逆足精度5、特性・スペシャリティが付きまくり。

(ロングパスの名手、長距離シューター、CKスペシャリスト、FKスペシャリスト、他多数)

なんだか使いたくなる選手です。

2万前後ですね。これも安い。

フランコ・バスケス(Vázquez)

image

マイナーリーグばかりもなんなので、リーガからも。

セビージャ所属のバスケス。

なぜ、リーガかつこの能力で1万5千くらいなのかがいまいちわからない選手。

もっと高値ついてもおかしくないと思うんだが。

バランス49が致命的なのか?

私のチームでは結構活躍してくれます。

ケミストリーはデッドアイ。

シュートとパスが抜群によくなるのでおすすめ。

DF編

ネルソン・セメド(Nélson Semedo)

image

最後はサイドバック。

ポルトガルリーグのネルソン・セメド。

スタミナ99というスタミナお化け。

スピード94、クロス95とサイドバックとして、ケチのつけようがありません。

ケミストリースタイルのおすすめはセンチネルですね。

1万8千くらいです。安い。

ケミストリーを意識してスカッドを組もう

なぜマイナーリーグの選手は安い?

これは説明するまでもないかもしれませんが。

マイナーリーグの強い選手を1人入れたところで、ケミストリーが10にならないからですね。

ただ、ケミストリーはうまくやると結構全員10に持っていくことは可能です。

ケミストリーの強度を意識する

選手間のケミストリーには強度があります。

国籍、リーグ、クラブの3つが同じかどうかで強度が決まります。

3つとも同じ選手同士は「パーフェクトリンク」(緑)とよばれ強いケミストリーで結ばれます。

2つの場合はストロングリンク(緑)、1つ場合は、ウィークリンク(オレンジ)となる。

コレを意識すれば、結構違うリーグの選手を1つのスカッドに組み込めます。

今回消化した選手を使った場合だと、こんな感じですね。

両方とも全選手ケミストリー10です。(忠誠心込、監督なし。ポジション変更は若干あり)

(2リーグ混合・セリエ、ロシア)

image

こんな感じだったり(3リーグ混合・リーガ、セリエ、NOS)

image

ケミストリー線の考え方

その選手から伸びる線が2本であれば、ストロングリンク1本でケミストリーは10になります。

3本中2本が赤、1本がパーフェクトリンクで10になる(ストロングリンクでは足りない)

という感じで、選手間のリンクの強度がポイントになるのでその辺を考えて組んでいくとうまくいくと思います。

考え出すとスカッド組むのが楽しくなります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はコスパ抜群の選手の紹介でした。

選手の使いやすさには個人差があるので難しいですが、能力的には今回紹介した選手は悪くないはず。

またいい選手がいたら追記しようと思います。

以上っす

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする